読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリサワログ (20161204まで更新されていた)

記録として、しばらくは残しておきます。

ブログ”ホームページ化”構想

 

予定のない日曜日。最近は、きまってブログをいじっています。「はてなブログとTumblrを比較」したり、「デザインの理想」を抱いたりしている時間。意外と悪くありません。それは僕のなかで、年末の大掃除を前に「まずはブログから」という意識が芽生えているからだと思います。

 

ブログをホームページとしてつかう

例えば、ブログをホームページ風に運営する。そのために1カラムのブログデザインを適用して、ブログタイトルを「有澤J太郎 Official Website」に変更。最後にヘッダーナビゲーションを設置すると、ホームページのように見えてきませんか…? 僕はTumblrでポートフォリオを作成しているので、ホームページ風ブログもTumblrで作成するつもりでした。しかし、書き心地といいますか、管理している感は、はてなブログのほうが圧倒的に強い。なので僕は、はてなブログで「ホームページ化」を構想しました。

あくまでも「空っぽ」でありたい

デザインをカスタマイズするにあたっては、あくまでも「空っぽ」でありたい。「空っぽ」というのは、原研哉さんの言葉を借りると「エンプティ」です。ブログそのものは茶室のように「空っぽ」なんだけれども、そこではTwitterやInstagramのリンクや写真、文章がかかれていたりする。つまり、なんでも入れられる。またそれぞれが茶や掛け軸、あるいは外の景色の役目を果たすことで、読む人の心と交流できる。これこそが、今の僕にとって何よりも追求したい「ホームページの在り方」なのです。

「空っぽの可能性」へと踏み込む

ということで、今日僕がおこなったカスタマイズをまとめておくと…

ブログというのは、まさに川の流れのように、絶えず変化していくもの。もともとは「ライフログ」として、アクセス数や読者数を必死に追い求めることから始まりました。それが「写真・カメラ」ブログに変わり、今では「ホームページ風ブログ」に。書いている内容はライフログに分類されるかもしれませんが、はじめのように、アクセス数や読者数を求めることはありません。むしろ、ブログ(ホームページ)を通して、自分も知らなかった「可能性」へと踏み込んでいきたいと思います。

広告を非表示にする