アリサワログ (20161204まで更新されていた)

記録として、しばらくは残しておきます。

ブログもAKB48と同じ「夢のショーケース」である/『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』

f:id:jtaro_arisawa:20161016062909p:plain

10月10日に手元に届き、およそ一週間をかけてじっくりと読ませていただきました。トップブロガー・かん吉さんの著書『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』。その「読書エッセイ(レビュー,書評)」に挑戦してみます。

小手先のテクニックに頼らない、人格を磨きながらブログを運営するための本。これからブログを始める人はもちろん、長きにわたってブログを運営している人にもおすすめの一冊です。読みながら実践してみたくなる内容が盛りだくさん!

思いやりのある著者だからこそ「よい人生」を大切にする

この本は、人気ブロガーになるための「ブログ運営本」です。タイトルだけを見ると「なんだ、よくあるハウツー本か」と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

著者・かん吉さんは「人々の成長を応援して、豊かな社会をつくる」をミッションに掲げています。プロフィールブログを読んでいると、その使命感で貫かれているといいますか、僕たちブロガーに対する思いやりで溢れているんですよね。

それは本書でも例外ではありません。たしかに、「アクセス数アップ」や「マネタイズ」のハウツーが書かれていますが、あくまでも僕たちブロガー自身の人間性を第一に考えています。つまり、本書では「よい人生」なくして「人気ブログ」はできないという考えが貫かれているのです。

ライフログは読者を獲得しにくい?

僕が運営しているこの「アリサワログ」は、ライフログすなわち雑記ブログです。何か特定のジャンルに絞って更新しているわけでなく、自分の興味・関心のすべて、ひいては生活のすべてをネタとして更新しています。なので、書きたいことが次々と出てくるのが特徴です。

その反面、ライフログは内容に一貫性を持たせにくいです。例えば、カメラのネタを更新した翌日には、リップクリームの話をしているんですよね。そうすると、せっかくカメラネタに興味を持ってもらえたとしても、「読者になる」まではいきません。

ライフログもAKB48と同じ「夢のショーケース」。だからこそ面白い!

では、ライフログを運営するにはどうすればよいのか。ここで、かん吉さんの著書『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』から引用してみましょう。

雑記ブログでは、ブロガーの考え方や価値観、ライフスタイルを元にしたコンセプトにそって記事を書いていきます。(中略)ブロガーの個性を前面に押し出していきましょう。(中略)つまり、雑記ブログのコンセプトは「自分」です。(p.47)

「自分」そのものがコンセプトになる。まるでAKB48のようですね。彼女たちは、AKB48のメンバーとして劇場に立ったり、握手会に参加したりしています。もちろんその活動自体に「生きがい」を見出しているわけですが、ほとんどのメンバーはその先に、歌手やモデルといった夢を抱えながら活動しています。

「え、あの子がモデルを目指してるの?」なんて思われることもありますが、歌って踊ってメディアに出演しているうちに、人間性(外見も中身も)が磨かれていくのです。そしてファンの人たちは、そんな少女たちの成長を見届けることに魅力を感じている。

秋元康さんは、AKB48という”箱の中”で夢に向かって努力するメンバーをみて「夢のショーケース」と称しました。これは、そのままブログ・ライフログ(雑記ブログ)にも当てはまるのではないでしょうか。つまり、ライフログというのは、ブログという”舞台”で自分の成長を読者の皆様に応援していただけるのだと。

「大切なのは、たんに生きることではなく、よく生きることだ」

今回の記事では、『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』の一節を紹介しつつ、ライフログのおもしろさについてまとめました。本書の一部を取り上げるだけで、ここまで考えたくなるほど濃厚な内容となっております。

さて、かつて哲学者のソクラテスは言いました。「大切なのは、たんに生きることではなく、よく生きることだ」と。この言葉は時を超えて、今、人気ブログの運営を目指す僕のもとに届いています。まだまだブログの方向性すら不安定の「アリサワログ」ですが、「よく生きること」を追求しながら、かん吉さんの本の内容を実践していきます!

www.wakatta-blog.com

広告を非表示にする