アリサワログ (20161204まで更新されていた)

記録として、しばらくは残しておきます。

【開設2週目】今月のPVが1000を突破!そのために取り組んだこと。

f:id:jtaro_arisawa:20161014215525j:plain

今日で「アリサワログ」を開設してから2週間が経過しました。今週は毎日更新を継続できたり、PV数が1000を突破したりして、着実に育っている印象を受けました。PV数がすべてではありませんが、一人でも多くの人に読んでもらうために取り組んだことを紹介していきます。

毎日更新は継続中。目指せ3か月!

一週目に引き続き、二週目も毎日更新ができました。一つひとつ心を込めて、あるいはねらいを定めて書いています。しかし、まだまだ皆さんの好奇心を刺激するには物足りないようです。それでもしばらくの間は、「ブログの基礎」をつくるつもりで毎日更新をしています!

毎日更新すれば、三ヶ月後には約100記事がブログに登校された状態になっています。始めたばかりのブログでも、(中略)検索からのアクセスが増えてきます。ブログにしっかりと基礎ができあがります。

『ゼロから学べるブログ運営x集客xマネタマイズ人気ブロガー養成講座』

もちろん、がむしゃらに更新するのではなく、「検索して調べたくなる内容」をできるだけ意識して更新する必要がありますね。

価格.comのレビューにブログへのリンクを設置した

結論から言うと、現在のアクセス数のほとんどはこの取り組みによるものです。

僕が写真・カメラを始めたとき、「この感動を皆さんと共有したい!」と思い、価格.comにレビューを投稿するようになりました。そうすると、僕の主な被写体であるポートレートを見ていただきたい。しかし、撮影会の規約でブログへの掲載はOKですが、「価格.comのレビューには掲載しないほうがいいのかも」と判断しました。

そこで、レビューの中に「ポートレート写真はブログに掲載しています」と記して、ブログへの誘導を図ることにしたのです。その結果、前日のアクセス数「19」から「152」まで上がりました。

f:id:jtaro_arisawa:20161015064642p:plain

まあ、安定はしていないんですけどね…。

ただしアクセス数がすべてではない

価格.comのレビューからブログへのアクセスを促すことで、アクセス数の増加が可能となりました。しかし、アクセス数は「流動的であること」に注意しなければなりません。つまり、アクセス数ばかりに注目していても、購読者(ファン)を獲得するまでには至らないという意味です。

では、人気ブログをはかる指標とは何でしょうか? 本書では「リピーター」の数こそが人気ブログの指標であると定義します。(中略)何らかの理由で検索流入が無くなってしまったとしても、熱烈なファンが100人いれば、記事をポストするたびに確実に100PVがカウントされます。

『ゼロから学べるブログ運営x集客xマネタマイズ人気ブロガー養成講座』

これはTwitterの「いいね」にも同じことが言えます。僕のタイムラインにはポートレート写真がたくさん流れてくるようになっていますが、「心を動かされる写真」と「いいねの数」は必ずしも比例していません。300ものいいねを獲得したポートレートよりも、30のいいねを獲得しているポートレートに心が動かされるのが常。

そういうわけで、ブログもPV数ではなく「読者数」を獲得していきたいです。

「アリサワログ」はどこへ向かう!?

今回の記事では「PV1000突破の報告」と「そのための取り組み」、そして「アクセス数よりも読者数」について書いてみました。さて、「アリサワログ」は今後どこへ向かうのでしょうか。

正直に言うと、どうなるかは予測できません。それはライフログという性質ゆえかもしれないし、そう思った矢先にとある記事が拡散されるかもしれないからです。しかし、ある程度の目標をもって更新していくことは大切でしょう。

では、何が目標になるのか。思いつきで挙げてみると…

  • ブログ読者数30人!
  • Twitterフォロワー数30人!
  • しかもどちらも、その30人は正真正銘「僕のファン」である!

 ビッグマウスが飛び出してしまいました(笑) けれども、僕はそこを目指したい。たとえ人に笑われても、僕は目標達成のために歩んでいきます。イチロー選手の名言とともに。

「僕は子供の頃から、人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負はある。例えば小学生の頃に毎日野球を練習して、近所の人から『あいつプロ野球選手にでもなるのか』と、いつも笑われていた。アメリカに行く時も『首位打者になってみたい』。そんな時も笑われた。でも、それも2回達成した」

新たな金字塔~イチローの言葉 : まとめ読み「NEWS通」 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

 

広告を非表示にする