(20161204まで更新されていた)

記録として、しばらくは残しておきます。

「ひらくPCバッグmini」でお出かけしたのでレビュー!

2016年9月に購入した「ひらくPCバッグmini」。購入後何度か使用していましたが、10月に初めて「都心へお出かけするため」に使用してみたので、レビューしていきます!

「ペン立て」みたいなバッグ

そもそも「ひらくPCバッグmini」とは何でしょうか。詳しくは公式サイトを参照していただきたいのですが、「ペン立てみたいなバッグ」というキャッチコピーは、僕の好奇心を刺激してくれました。

superclassic.jp

ちなみに、このバッグは「2016年グッドデザイン賞」を受賞したそうです。しかし驚きはありません。なぜなら、使ってみてすぐに「あ、これはグッドなデザインだな」と分かるからです(笑)

PCバッグだが、PCを入れなくても楽しめる

「PCバッグ」という名前がついているので、「PCを持ち運ばない人には関係ない?」と思われる方もいるでしょう。しかし、決してそんなことはありません!実際に僕は、お出かけの時ほとんどPCを持ち歩きませんが、十分に活用できています。

これは、実際にお出かけした際に撮影した、バッグの中身です。スマートフォンやKindle、長財布(この後「薄い財布」に買い換えましたが)、カメラレンズまできれいに収納されています。ちなみに、何気なく写真を見てしまいますが、バッグが自立していることに気づけますでしょうか? これも「ひらくPCバッグmini」の特徴です。

ここが気に入った!「ひらくPCバッグmini」の特徴を紹介

普段使いには十分すぎる

繰り返しになりますが、普段使いには十分の荷物が収納できます。しかし、上の写真だけでは実感しにくいと思うので、実際にすべての荷物を並べてみました!

どうでしょうか。XF35mmF1.4 Rを装着したFUJIFILM X-T1をはじめ、Kindle、スマートフォン、タオルハンカチやアルコール除菌シートまで入ってしまいます。しかも、見た目が全く変わることなく、自立までしてくれるんです!

バスや電車に乗るとわかる、安心のサイズ感

バスや電車の席に座ったとき、太ももの上にカバンを置きますよね。そのとき、幅が広いバッグだと、隣の人に当たってしまう危険性があります。しかし、ひらくPCバッグminiにはその心配がありません。しっかりと自分の幅に収まってくれるのです。

参考:「ひらくPCバッグmini」がやってきたぞ! | むねさだブログ

安心のサイズ感ですね。

意外と便利なところで「自立」する

前述のとおり、「ひらくPCバッグmini」は自立してくれます。なので、背もたれのないレストランの椅子や公園のベンチ、さらには待合室など、意外なところで安心感を与えてくれます。しかも幅をとらないので、よほどの状況でない限り誰かの邪魔になることはないと思います。

洗練されたデザイン

この記事のTOP写真をご覧ください。この洗練されたデザインが、僕たちの美的感覚を呼び覚まします。カバンを探しているときによくあるのが、「ここが無かったらなあ」と思うこと。ブランドロゴが主張されていたり、複雑なデザインがなされていたりすると、どれだけ機能性に優れていても買わずにおいてしまいますよね。しかし、「ひらくPCバッグmini」のデザインはシンプルで美しいです。それでいて、中を開けば利便性に優れています。

 

いかがでしょうか。すでにたくさんのブロガーさんが紹介しているバッグですが、僕のレビューも参考になれば嬉しいです!

広告を非表示にする