アリサワログ (20161204まで更新されていた)

記録として、しばらくは残しておきます。

XF16-55mm所有者が「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」を借りてみた!

僕はすでに、「XF16-55mmF2.8 R LM WR」を所有しています。が、いわゆるキットレンズの「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」をレンタルしたので、感想を書いていきたいと思います!

携帯性に憧れて"キットレンズ"を借りた

なぜキットレンズを借りたのか。その理由は「携帯性に優れていそうだから」です。すでに持っている「XF16-55mm」は、主にポートレートで大活躍しています。しかし、ちょっとしたお出かけやスナップ写真となると、「XF16-55mm」は大げさに見えてしまうんですよね。他にも、少し前に「ひらくPCバッグmini」を購入したので、それに似合うレンズが欲しいという理由もあります。

サービスステーションでレンズが借りられる

ちなみに、レンズは富士フイルムの「東京サービスステーション」でレンタルしました。ちょっとだけ「XF23mmF2」の貸出もあるのではないか、と思いっていましたが、さすがにまだレンタルはされていなかったようです。

身分証明書などの提出とアンケートへの回答を済ませたら、レンズが借りられますよ!

気になる作例

冒頭で紹介した写真も含めて、何枚か作例を載せていきましょう。

ちなみに、カメラはすべてX-T1を使用しております。

優秀すぎる"キットレンズ"だった!

実際に借りてみて思うのは、「優秀すぎる」ということ。

  • XF16-55mmと比べて携帯性に優れている
  • それでいて写りに妥協がない
  • まるでXF35mmF1.4をつけているかのような軽さ
  • ズームしてもレンズのフォルムはかわいいまま

僕の場合で言うと、ポートレートでは一定の明るさを確保したまま撮影したいので、F2.8通しのレンズを使用したいところです。しかし、お出かけやお散歩、いわゆるスナップ写真を撮影する場面では、他のどのズームレンズよりも、あるいは単焦点レンズよりも「XF18-55F2.8-4 R LM OIS」を使用したいと思いました!

すでに本気で撮るためのレンズは所有しているので、中古品を検討中です。10月中には買ってしまいそうな勢い…。

広告を非表示にする